読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どらちゃんのポッケ

R・統計・技術メモなど勉強ログ置き場

Eclipse Foundation発のWebブラウザ上で動作するIDE「Orion 1.0」をlocalhostにたててみた

最近、プロジェクト管理・構成管理など、基盤・環境に興味があり、
Eclipse Foundation発のWebブラウザ上で動作するIDE「Orion 1.0」リリースというニュースをみつけ、
自宅PCのローカル環境に構築してみた。

ニュースソース↓
http://sourceforge.jp/magazine/12/10/29/2126236

以下、手順簡単でした。

まず、orionの公式サイトにアクセスしてソースを落とす
↓公式サイト
http://www.eclipse.org/orion/

↓ダウンロードサイト
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/orion/drops/R-1.0-201210191304/eclipse-orion-1.0-win32.win32.x86.zip


ダウンロードしたZipを解答すると、上記のようなフォルダがでてくるから、
eclipse\orion.exe.をたたけばおしまい(通常の環境ならば)

自宅PCでは、現在無駄にいれたJenkinsさんが8080ポートを使っていたため、
ポートを変更した。

上記のように、orion.iniファイルのポートの箇所を編集。8085へ。

再び、 eclipse\orion.exe.をたたく。
するとこんな画面がでで起動完了

※ここの起動には数分かかりました。
※自宅PCのスペックが低いのもありますが、そこそこ時間かかると思われる

起動確認したら、http://localhost:8085へアクセス。
すると、下記の画面がでてくる。かっこいい。

ユーザIDとPASSは任意のものを入力し、ログイン。

すると、下記のようなメイン画面がでてくる。
そして、SimpleHTMLサイトのボタンを押すと、プロジェクトが生成させる。
こんな感じ。


そして、HTML・JS・CSSはこんな感じ


なかかなイイ感じ!オンライン版もつかってみたいな。
フレームワーク選択して使えたら便利そう。
【code.everywhere=true;】っていうキャッチフレーズも素敵。