読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どらちゃんのポッケ

R・統計・技術メモなど勉強ログ置き場

xcode5の単体テストフレームワークのXCTestの使い方

XCTestを使う

XCTestとは

XCTestのテストファイルを作成する

  • プロジェクト作成するとデフォルトで作成されている

f:id:sleeping_micchi:20140126125741p:plain

実装ファイルは下記の感じ

    #import <XCTest/XCTest.h>

    @interface hogeTests : XCTestCase

    @end

    @implementation hogeTests

    - (void)setUp
    {
        [super setUp];
    }

    - (void)tearDown
    {
        [super tearDown];
    }

    - (void)testExample
    {
        XCTAssertEqual(1, 1, @"sample Test");
    }

    @end

XCTestの実行

  • xcodeのビュー選択画面(?)で下記のボタンを選択

f:id:sleeping_micchi:20140126125809p:plain

  • フォルダの右側にマウスホバーすると、灰色のボタンが表示されるので、それを押すとBulidが走り、テストが行われる
  • シュミレータが立ち上がり、テスト結果が右上とテストメソッドの部分に表示される

テストに成功した場合

f:id:sleeping_micchi:20140126125849p:plain

テストに失敗した場合

f:id:sleeping_micchi:20140126125941p:plain

  • テストに失敗した場合、メソッドの右の部分にエラーとなった原因が表示される
  • また、右のエラービュー?にも表示される